第0099号 ~同じ経営者でも引っ掛かるアンテナが異なる

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0099号 ~同じ経営者でも引っ掛かるアンテナが異なる

(更新日:2011年04月13日)


 先日、30名ほどの若い社長たちが集う起業家交流会に参加しました。
 平均年齢は、28~29歳くらいといったところでしょうか。

 そこで主催者に「自宅で固定電話と紙の新聞を契約していますか?」という
 アンケートを事前にとってもらいました。


 その結果は、

 固定電話を契約している …  3人
 紙の新聞を購読している … 15人  

 でした。


 でも、スマートフォンと従来の携帯電話を2台併せ持っている人は25人で、
 iPadのようなタブレットで電子新聞を読んでいる人は28人でした。

 このことからも言えるのは、明らかにコミュニケーションをはかる手段も
 情報を手に入れる方法も以前とは大きく変わってきているということです。


 通勤電車で紙の新聞を広げていないから、
 カバンの中に専門書を入れていないから、

 「あいつはダメな若者だ」とはならないのです。


 とはいえ、多くのベテラン経営者は、新聞紙面やビジネス専門書などから
 情報を得ることのほうが多いのが現状です。

 つまり、起業したばかりの若い経営者と50歳以上のベテラン経営者とは
 明らかに引っ掛かるアンテナが異なるのです。

 同じ情報を、それぞれ異なる手段で手に入れているのが現在の世の中です。


 先生が同じ言葉を発しても、20代の起業家と50代の経営者とでは、
 その受け捉え方が異なることも多いでしょう。


 そこで私どもも、1つの情報を異なる発信方法で
 多くの経営者に伝えられるツールを開発しました。

 それが、この【WEB通信】です。
 http://www.zeirishijimusyo.com/service/web-tsushin/


 物事の本質やレベル自体はさほど変わっていませんが、
 それを手に入れる手段や方法は日々、確実に変化してきています。

 中身の吟味よりも、それを入手するツールの裾野を広げましょう。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ