第0070号 ~顧問先から見た自計化のホンネ

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0070号 ~顧問先から見た自計化のホンネ



 タイタニックには乗るな!日本の中小零細企業を支える税理士事務所へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃が┃┃ん┃┃ば┃┃れ┃┃!┃ 税理士事務所    第0070号
    ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
    ~ 税理士事務所をとりまく環境を熱く激しく面白く語る ~
 +
 http://www.zeirishijimusyo.com/ 税理士事務所のダントツ化支援チーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは、どのようにすれば税理士事務所の顧問先が増加するのか、
 また、不景気になっても顧問先が落ちない仕組みと仕掛けをお届けします。

 トーク・ライブのように思うままにお話します。サラ~ッとお聴き下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ --- TALK LIVE! --- ━━
 +
 + 本日のメッセージ:【顧問先から見た自計化のホンネ】
 +
----------------------------------------------------------------□----

 今日は「顧問先から見た自計化」についてお話します。

 多くの先生方の事務所では、TKCのFX2や
 JDLのIBEXなどの会計ソフトを利用していることと思います。

 また、それが弥生会計でも勘定奉行でもPCA会計でも構いません。

 要は、顧問先企業が「自社で経理をやること」を自計化と言います。


 税理士事務所からすれば、そんなことは当たり前のことであって、

 「税理士事務所の本来の仕事は出来上がった数字の分析をすること」と
 おっしゃる先生も多いです。

 しかし現実はそうもいかず、世の中にある70%以上の中小零細企業では
 「経理に関しては税理士事務所におまかせ」というところが多いですね。


 その理由の1つには、「仕訳がよくわからない」とか、
 「面倒臭いから」とか「元帳なんてつけられない」というものがあります。


 そして顧問先からすれば「それはそっち(税理士事務所)の仕事でしょ?」と
 いうのが紛れもないホンネです。

 いくら真剣に「自計化をしないと瞬時に会社の数字が把握できない」とか
 「組織を大きく強くすることができない」と力説してみたところで、

 当の顧問先は「そのために毎月顧問料を払っているんだから…」と
 間違いなく腹の中では思っています。


 正しい数字が分かればいい。この先の方向性を考える指針となればいい。

 しかし、だからと言って「うちの女子社員が打ち込むことはない」と。
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 もっと奥深い腹の底では「楽がしたいだけじゃないの?」と思っています。

 そうです。いくら先方のためを思ってアドバイスをしたところで、

 顧問先からすれば「自計化=税理士事務所(担当者)が楽をしたがっている」
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ようにしか見えません。


 顧問先の社長のホンネは「打ち込む作業も顧問料のうち」と思っています。

 となれば、自計化を強く勧めることによる大きな弊害も実際に出てきます。


 自計化を強く推進するのであれば、もっと他に喜ぶことを提供しなければ
 「仕事をこっちに押し付けて楽をしたがっている」と思われて終わりです。


 また、個人的には「その会社、本当に自計化をする必要があるの?」と
 思う会社が多いこともしばしばです。


 次回のメルマガは、「自計化をさせたが故に数件の顧問料を失った
           ある事務所の憂鬱」をお届けします。


 本気で良かれと思ってやっていることでも「相手がどう思っているか」を
 ちゃんと分析しなければ、かえってそれがアダとなる場合も多いものです。


----------------------------------------------------------------------

 最後に、大変お忙しいところ私どものメールマガジンにお目通しいただき、
 本当にありがとうございました。スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

 好調な事務所は、ほんの些細な「差」を積み重ねているだけだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  がんばれ!税理士事務所  ~タイタニックには絶対に乗るな!
 -----------------------------------------------------------------
  □発行者:S&S株式会社 (税理士事務所のダントツ化支援チーム)
  □発行元:大分県大分市光吉新町7-2
  □サイト:http://www.zeirishijimusyo.com/
  □連絡先:http://www.zeirishijimusyo.com/ask/index.html

 ※上記のメールマガジンに関する著作権は、S&S株式会社に帰属します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ