第0144号 ~税理士事務所でそれが「やりたい人」、それを「やらせたい人」

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0144号 ~税理士事務所でそれが「やりたい人」、それを「やらせたい人」

(更新日:2018年03月10日)


例えば、組織のトップである先生が「このプロジェクトリーダーになりたい者は?」と
職員を前に尋ねたとしましょう。

その際に「はいっ!」と元気いっぱいに手を挙げた職員は、
先生が「えっ?う~ん、君か・・・」と思う者ではないでしょうか。


つまり「やりたい人とやらせたい人とはまったく違う」ということです。


では、元気いっぱいのやる気がある職員と、先生の評価が高い別の職員とを比較した場合、
いったいどちらが適任者なのでしょうか。


答えは、双方ともちょっと違うのでは?


本当に能力のある人間は、そのようなケースでは露骨に手など挙げることは少ないものです。

また、往々にして上司の評価は、どうしても好き嫌いが基準となってしまうことが多いため、
残念ながら間違っていることがよくあります。


結論を言えば、第三者に選んでもらうのがベストでしょう。


これはすべてのケース、あらゆるシチュエーションにおいても共通して言える
黄金のモノサシです。


能ある鷹が隠した爪はとても鋭利で、それを見つけることができるのは
事情も何も知らない善意の第三者だと思います。


わっかりましたー


【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ