第0140号 ~甘味処の御座候に見る商売のヒント

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0140号 ~甘味処の御座候に見る商売のヒント

(更新日:2018年03月01日)


2017年、秋。

最下段に掲載してある画像は、平日でも行列ができるデパ地下内の御座候です。

月曜日の真っ昼間だというのに15人以上の行列でした。

そこで私もマーケティング調査を行うために行列の最後尾に並んでみました。

行列を見ると「どうして並んでまで?」という好奇心が止まりません(笑)。

そのとき列に並ぶ見知らぬおばあちゃんに「なんで買うんですか?」と聞いてみると
「そりゃおいしいからだわ」と返って来ました。

「でも、○○屋の栗きんとんは今が旬でもっとおいしいんじゃないですか?」

「あれは高いわ」

「ということは、1個85円だからこの御座候を買うんですか?
 これが95円でも買いますか?3桁だったら買いませんよね?」

そのときお店の男性スタッフからガラス越しに睨まれたような・・・(笑)。


デパートの1階では京都の絶品たい焼きを期間限定で販売しているというのに、
わざわざ並んでまで常設の御座候を買うその理由がたまらなく知りたい。

「おいしい」と思うから行列に並ぶのでしょう。

しかし、そう思うのは結局、誰かが並んでいるから
「その見知らぬ第三者が保証人」になっているから。

これも「客が客を呼ぶ」典型的な事例のひとつです。


だから商売は、最初に並んでくれる数人を確保したもん勝ちです。


御座候
デパ地下内の御座候


【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ