第0096号 ~次にとるべき行動を教えてあげること

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0096号 ~次にとるべき行動を教えてあげること

(更新日:2010年12月22日)


 今日は、ある先生のちょっとした成功事例をお話します。

 その先生は毎月、事務所通信を地元を拠点とする銀行の
 15の支店に郵送で送っています。

 ここまでは、多くの先生方もすでにやられていることと思います。

 でも、これだけではお問合せはなかなか舞い込んでは来ません。

 いくら同封された事務所通信が面白くても、
 それに目を通して終わってしまうからです。

 そこで、その先生には、このような1枚のシートを
 事務所通信と一緒に同封してもらいました。

 http://komonup.com/?eid=9


 これは、既存の顧問先に紹介を促す場合(相談料無料版)のものですが、
 この先生は、あえて銀行の支店に送ってみたそうです。


 肝心なのは、事務所通信を読んだ相手に対して、
 次にとるべき行動を教えてあげることなのです。


 目の前の商品がいくら素晴らしくても、
 次に何をしてよいのか分からない人たちが実に多いです。

 欲しくて欲しくてたまらない垂涎の商品であれば、
 黙っていても手を伸ばすと思いますが、

 ちょっと気になる程度のものであれば、
 「また次の機会にしよう」と思って終わります。

 そして、そのような機会は二度と訪れません。


 そこで、「○○○の件で【50分無料相談】を利用したいのですが」と、
 お電話をかけるだけですよ!と教えてあげればOKです。

 ある大手の通販会社は、このようなアクションシートを導入したら、
 申し込んで来る人の80%以上がまったくその通りにしたそうです。

 以前からその商品に興味があったとか、よっぽどのことでない限り、
 普通の人たちは考えてまでも次の行動を起こそうとはしません。


 この先生は、上記のようなアクションシートを使って、
 実際に3ヶ月間で6件ものお問合せをいただきました。

 ポイントは、絶対にA4サイズ1枚に収めることです。
 それ以上のボリュームにするとほとんど読まれません。

 相手は、間違いなく忙しいからです。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ