第0088号 ~優秀なのに昇進欲のない職員を課長にさせる方法

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0088号 ~優秀なのに昇進欲のない職員を課長にさせる方法

(更新日:2010年08月09日)


 ある先生から、

 「課長にしたい職員が1人いるけど、どうもその気がない」という
 相談を受けました。


 先生が「課長になりたいか?」とその職員に問うても、

 「いえ、僕なんか…」と煮え切らない態度をするそうです。


 間違いなく優秀な職員ですね。


 「課長になりたいか?」と聞いて「はい!」と即答する職員に
 ろくな者はいません。


 ・ヤル気があっても何もやらない者

 ・ヤル気はないけどちゃんとやる者

 この2つのどちらがいいでしょうか?


 ちなみに、ヤル気があってちゃんとやる者はとっくの昔に独立しています。


 そこで、その優秀な職員を課長にしてしまう方法を先生にお伝えしました。


 課長の仕事を勝手に押し付けるだけでOKです。


 その職員は、仕事は好きなのです。他の職員が嫌がる仕事でもやります。

 嫌い、苦手なのは「課長」という役職。もっと言えば「呼称」だけです。


 なので、課長がやるべき仕事を順番にやらせてしまえば、
 あとは「君のやっていることは課長の仕事だよ」と半年後に言うだけです。

 そうなると、さすがに折れます。


 萎縮した職員を「課長」に昇格させて、それに見合った仕事をさせる。

 これは、よく使う手ですが、所詮それまでの職員です。

 本当に優秀な職員ならば、先に据えたい課長の仕事をさせておいて、
 そのあとに「課長」という呼称を与えればOKです。


 仕事は好きだけど、そのポジションが苦手な職員。
 仕事は嫌いだけど、そのポジションが好きな職員。

 税理士事務所に限らず、職員(社員)はこのどちらかにしか該当しません。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ