第0079号 ~不景気の今だからこそ手を打て、凛とせよ!

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0079号 ~不景気の今だからこそ手を打て、凛とせよ!

(更新日:2010年06月23日)


 この7月で40歳を迎える税理士がいます。

 彼の実家は小さな繊維会社でした。しかし、12年前に倒産すると、
 そのショックで社長である父親は首を吊りました。


 そのときサラリーマンだった彼はどん底の中、一念発起し、

 「うちのような小さな会社を守るために税理士になる」と心に誓いました。


 会社に勤めながらの猛勉強の末、5年かかって税理士試験に合格し、
 それから3年間ほど福岡県の税理士事務所で実務経験を積みました。


 36歳のときに独立し、彼なりに一生懸命に頑張りました。

 しかし、営業が苦手な彼は顧問先を増やすことが上手くできません。
 事務所の家賃を支払うのがやっとの低空飛行が4年間も続きました。


 ついには、経費削減として異業種交流会もやめました。

 彼にとって唯一、顧問先を増やすことのできる場だった異業種交流会。
 その月会費=たった8000円がもったいなかったのでしょう。


 そして3日前のこと「○○簿記専門学校から講師の依頼がありました」と、
 彼から喜びの電話がありました。

 どうやら税理士試験科目のうち、2科目ほど講師として教えるそうです。

 1科目=年間100万円の報酬らしく、来年は200万円ゲットです。


 最初の崇高な志はどこへ行ってしまったのでしょうか。

 「うちのような小さな会社を守るために税理士になる」という志です。


 私は、専門学校からの講師依頼を丁重に断り、
 異業種交流会に再入会するように勧めました。


 今、このように楽な道へ楽な道へと進めば、この税理士は、
 死ぬまで○○簿記専門学校の講師から抜け出ることはできません。


 不景気の今だからこそ経費を掛けて手を打たねばならないのです。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 バブルの時代はほうっておけばお客は向こうから寄って来ました。


 顧問先が「不景気だから5000円値下げしてください」と言ったら、

 「一回の飲み代で会社の売上がよくなるのですか?」と思いませんか?


 彼は、それとまったく同じことをやっているのです。


 「決して甘い誘惑に負けることなく、バッジを胸に誇らしげに凛とせよ」

 彼にはそうあってもらいたいと切に願います。

 不景気の今だからこそ、手を打つべきです。


 バブルの時代は猫も杓子も儲かりました。
 今、本当の実力が試されるいい時代だと思います。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ