第0073号 ~顧問先から反応を引き出させること

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0073号 ~顧問先から反応を引き出させること



 タイタニックには乗るな!日本の中小零細企業を支える税理士事務所へ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
 +  ┃が┃┃ん┃┃ば┃┃れ┃┃!┃ 税理士事務所    第0073号
    ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
 +
    ~ 税理士事務所をとりまく環境を熱く激しく面白く語る ~
 +
 http://www.zeirishijimusyo.com/ 税理士事務所のダントツ化支援チーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは、どのようにすれば税理士事務所の顧問先が増加するのか、
 また、不景気になっても顧問先が落ちない仕組みと仕掛けをお届けします。

 トーク・ライブのように思うままにお話します。サラ~ッとお聴き下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ --- TALK LIVE! --- ━━
 +
 + 本日のメッセージ:【顧問先から反応を引き出させること】
 +
----------------------------------------------------------------□----

 よく「反応がない」と愚痴をこぼす先生や監査担当者がいます。

 私たちが一生懸命にやっていることを、顧問先はどう思っているのか?
 私たちの今のサービスで十分に満足をしているのだろうか?

 いくら頑張っても何の反応もなければ、そのように不安に思うものです。


 しかし、それは税理士事務所と顧問先との関係だけに限りません。


 奥さんが旦那さんに作った料理にしても同じことが言えます。
 何の反応もないので満足してくれているのか?さっぱり分からないと。


 では、どうして反応がないのでしょうか?

 答えは簡単です。

 提供した相手に聞かないからです。1つも確かめないからです。


 例えば、高級料理店で美味しいフルコースを食べた場合を考えても、

 そこで「お礼が言いたいのでシェフを呼んで下さい」などと言う人は、
 100人に1人もいません。

 でも、それを提供したお店側からすれば「最高の料理を提供したのに、
 何の反応もない」となってしまいます。

 特に日本人は、自発的に反応を示す人種ではありません。


 反応を望む人がそこでしなければいけないことは、

 「どうでしたか?」と聞くことです。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 それもやらないのに「何の反応もない」と思い悩むのは滑稽です。

 提供を受けたその相手は「私なんかの意見など要らないに決まってる」と
 きっと思っているはずです。

 「どうせ先生はみんなからチヤホヤされているから私の賞賛なんて…」と
 顧問先は思い込んでいます。


 しかし、どうしても面と向かって「どうでしたか?」と聞けない場合は、
 簡単なアンケートを取ればOKです。

 ただ、そのときに感想を文字で書かせてはNGです。

 そんな面倒なことを好んでやる人も少ないので、
 「アンケートを試みたのに、それさえも反応がない」となってしまいます。


 アンケートの答えは、二者択一しかあり得ません。

 つまり(はい・いいえ)のどちらかに○をつけさせるものです。

  ・決算報告会には満足いただけましたか?(はい・いいえ)

  ・監査担当者のサービスは丁寧でしたか?(はい・いいえ)

  ・最後に何かありましたらお書き下さい

  (                              )

 しかし、この↑最後に何かありましたら…という項目があるだけで、
 アンケートへの記入率は激減します。一字も書かせてはいけません。


 私どもはそれも検証済みで、ダントツ通信をご利用いただいている方に
 このようなアンケートを送ってみました。

 …→ http://komonup.com/#questionnaire


 すると回答率は2%にも達しませんでした。

 ところが、二者択一のアンケートを送ってみると、
 その回答率は50%を軽く超えました。


 顧問先(お客様)は、サービスに満足をしてもそれを表現することが苦手です。

 また、提供先が高級店であればあるほどそれが顕著です。

 高級料理店のシェフには何も言えないけれど、
 近所の居酒屋の大将には「美味かったよ」と平気で言えます。

 顧問先からすれば、税理士事務所はまだまだ敷居が高い高級店と同じです。

 監査担当者のモチベーションもアップしますので、
 是非、顧問先にアンケートを取ってみてはいかがでしょうか。


 次回は、私どもが100人の社長に送ったアンケート結果集をお見せします。


----------------------------------------------------------------------

 最後に、大変お忙しいところ私どものメールマガジンにお目通しいただき、
 本当にありがとうございました。スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

 好調な事務所は、ほんの些細な「差」を積み重ねているだけだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  がんばれ!税理士事務所  ~タイタニックには絶対に乗るな!
 -----------------------------------------------------------------
  □発行者:S&S株式会社 (税理士事務所のダントツ化支援チーム)
  □発行元:大分県大分市光吉新町7-2
  □サイト:http://www.zeirishijimusyo.com/
  □連絡先:http://www.zeirishijimusyo.com/ask/index.html

 ※上記のメールマガジンに関する著作権は、S&S株式会社に帰属します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ