第0061号 ~社長からのメリー・クリスマス

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0061号 ~社長からのメリー・クリスマス

(更新日:2009年12月24日)


 すでに税理士事務所にとっては繁忙期となりました。

 クリスマス、お正月気分をゆっくり堪能する余裕もないほどお忙しいとは
 思いますが、箸休めになればと実際にあった心温まるお話をご紹介します。

 これは、3年前に聞いた高知県のある会社の社長と1人の女性の実話です。


 ---------------------------------------
 2006年。32歳の彼女は、3年前に夫の暴力が原因で離婚をした。

 彼女には、現在4歳になる可愛い娘がいる。

 彼女の夫は酒癖が悪く、いつも飲んでは妻である彼女に暴力を振るっていた。
 暴力に耐え切れず、彼女は夫の勤めている会社の社長に相談をした。


 彼女から事情を聴いた社長は、社員であるその夫のクビを切った。

 いくら職場ではマジメでも、酔って妻に暴力を振るう社員など必要ない。
 還暦を過ぎた男気のある社長はそう言うと、彼女を事務員として
 自分の会社で雇うことに決めた。

 そして、彼女に娘さんが成人するまで、うちで働いてくれと頼んだ。


 彼女は「社長自身が責任を感じているようです」と私に話した。

 それは、社長が元夫のことを自分の息子のように可愛がっていたからだ。
 それがあろうことか、酒に酔って女房に手をあげるとは本当に情けなかった。

 社長は、彼女に深く頭を下げた。


 2004年のクリスマス・イヴ。

 社長は、ど派手なサンタクロースの格好をして、彼女と2歳になった娘の
 前に現れた。

 2005年のクリスマス・イヴ。

 社長は、1年前とまったく同じ格好で2人の前に現れた。


 あと16日でクリスマス・イヴがやってくる2006年の12月8日。

 4歳になった娘は、11月からクリスマス・イヴの夜を楽しみにしていた。
 サンタクロースは本当にいるんだと信じていた。


 そんな娘の姿を見ながら、男気のある社長は「バレるまで続けるか」と、
 彼女に言った。

 「本当のおじいちゃんと孫みたいですね」と、彼女は微笑んだ。

 すると社長は「バレても嫁に行くまで続けるか」と、小さく笑って
 サンタクロースの衣装に目をやった。
 ---------------------------------------


 今日、2009年のクリスマス・イヴ。

 社長と35歳になった彼女と小学生の娘さんは、
 高知県で相変わらず元気に過ごしているそうです。

 そして、この不況下でも社長の会社の業績は順調に伸びています。


 それでは、どうか良いお年をお迎えください。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ