第0040号 ~社長から見た通信簿

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0040号 ~社長から見た通信簿

(更新日:2009年07月15日)


もうすぐ夏休みに突入しますが、その前に子どもたちを待ち受けているのが
通信簿です。

成績の良い子は、それを待ち望み、そうでない子は、かなり凹みます。


それとまったく同じ現象が、先生方の周りでも起きていることを
ご存知でしょうか。

顧問先の社長からすれば、決算書は通信簿とまったく同じです。
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
前期と比べて売上げが、利益がアップすればそれを待ち望み、
2桁もダウンをした会社の社長は、監査担当者から逃げようとします。

そうではないでしょうか? 決算報告会がなかなか開くことができないのも
顧問先の社長が逃げ回っているからではないでしょうか?


であれば、そうまでして決算書の説明をする必要があるのでしょうか。

会社の売上げや利益をアップさせる最大の要因は、
社長のヤル気です。これさえあれば、なんとかなります。

それに決算書の読み方を説明したところで、
その場限りで、明日になればほとんど忘れています。

それによって社長のヤル気を削いで凹ませるだけであれば、
経理担当者にだけ中身の説明をして済ませたらどうでしょうか。

顧問先の社長は今、叱られると思って逃げ回っています。


ある社長たち(かなりの人数)から実際に聞いた話ですが、

昨日今日、大原簿記で経理を学んだだけの20歳の女性から、
決算書を片手に「固定費がどうのこうのと言われると腹が立つ」と。

物を売ったことがなく、電卓を叩くのが早いだけなのに…とも。


それは、先生方もまったく同じではないでしょうか。

数字に強いのではなく、数字に詳しいだけですよね。

本当に数字に強い人であれば、
税理士ではなく、商品を流通させる大きな商売をやっているはずです。


通信簿をもらう社長の気持ちを考えてみて下さい。

ヤル気を削いで凹ませるだけなら、やってはいけないことだけを忠告して、

「頑張りましょう!」とエールを送るだけの方が実利があるような気がします。


すべてとは言いませんが、多くの社長の心の中は、
きっとそのようなことを思っているはずです。

良いか悪いかではなく、顧問先の社長はそう思っているのです。


もう少しでいいから、顧問先との距離を近づけることが大切だと思います。
顧問先の社長や奥様は、先生のことをほとんど知りません。


う゛~~~


【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ