第0029号 ~税理士は潰しが効く仕事

トップページ > がんばれ!税理士事務所 メルマガ@バックナンバー

第0029号 ~税理士は潰しが効く仕事

(更新日:2009年06月08日)


日本の小中学生の理数系の学力が過去最高となり、
世界ランキングで5位内に入ったというニュースがありました。

1991年、私が税理士事務所に勤めて最初に思ったことは
「あれ?税理士って理系じゃないんだ」ということでした。

それまでは電卓を叩く人=理系と思っていました。


理系の人間が文系の職に就くことはあっても、その逆はまずあり得ません。
その環境に耐えられないから無理です。

その点、理系のように見えて実のところ文系の職である税理士は、
どちらにも転べるから恵まれています。


1億円プレイヤーのプロ野球選手が、腕のいい宮大工が、開業したばかりの若い歯科医が
大事な利き腕を痛めたら終わりです。

それは、その仕事以外に潰しが効かないからです。


「そんなことばかり気にしていたらキリがないよ」と言う人も多いでしょう。

しかし、明日起きてもおかしくないリスクの対策をまったく考えていないこと自体、
とても危ういことではないでしょうか。

だって、それが生きていく上での必要最低限のリスクマネジメントだからです。



【税理士事務所のダントツ通信】を詳しく見る!

このページの先頭へ